輪ゴム運動で五十肩予防

腱板を鍛えて、外側の筋肉とのバランスをよくすることが必要です。
腱板は、肩の動きをコントロールするだけの筋肉なので、ごく軽い負担で鍛えることができます。
そこでおすすめなのが、輪ゴム運動です、

<輪ゴム運動のやり方>
1日片腕ごと20〜30回が目安です。

1.市販の輪ゴムを3つつなげる

2.つないだ輪ゴムの一方の端を片手の親指に、もう一方を別の親指にかける

3.片腕は肘を固定してもう一方の手を左右に水平に動かす

Copyright © 2006 五十肩はこうして治す. All rights reserved