腱板炎

腱板が擦り減ってきて、肩関節の痛みや運動制限が現れます。
腱板が切れれば、手術する必要がありますが、切れるまでいかないで炎症が起きている状態です。
比較的、若年層に多く、40歳代に最も多く見られます。
高齢では、寝返りしたときに腱板が切れることもあります。

治療法は、五十肩とほぼ同じで、ステロイドと麻酔薬の局所注射が効果的です。
過度の運動療法は禁物です。
消炎鎮痛薬は無効です。
症状が長期になる場合は、肩峰切除が必要になることもあります。

Copyright © 2006 五十肩はこうして治す. All rights reserved