五十肩は老化現象?

五十肩に明らかな原因はありませんが、50歳代に最も多く、中年以降にみられることから、肩の関節の老化が表にあらわれたものと考えられます。

上腕骨と肩甲骨のつなぎ目が問題の箇所です。
ボールのような形の上腕骨骨頭に対して、受け止める肩甲骨のくぼみが浅いため、その周囲の筋肉がしっかり支えています。
しかし、長年のサポートで筋肉群も痛んできます。
特に筋肉が付着する部分である腱はもろくなり、炎症が起きやすくなります。

Copyright © 2006 五十肩はこうして治す. All rights reserved